投資家の心理を読み取るというのは簡単なものではありませんが、その指標としてチャートがあります。
チャートは単純に一定期間の値動きを表したものですが、そこには多くの投資家の真理が含まれているものとなっています。
チャートはあくまでも過去の値動きでしかありませんから、将来の値動きに何ら関係のないものとされていますが、多くの投資家の思惑によって形成されたものですから、将来の値動きを予測するものさしとして使うには便利なものといえます。

例えばよく言われることとして、下落局面で大きな下ヒゲができた時というのはそこから反発の兆しが見えるというものです。
その理由としては、それまでただ下落を続けてきたものが一定の下落をした後に大きく買い上げられることになったということは、その辺りを底値と考えている投資家たちが多いのではと読み解くことができるためです。
その逆に上昇局面でつく大きな上ヒゲというのは、それまで順調に株価を上げてきたところを強烈な売り圧力によって押し返された局面だといえるので買いたい人たちよりも売りたい人たちのほうが多いと予想をすることができます。
実際に市場の心理状態がこのようになっているかどうかというのは判断することができませんが、チャートを見てそのようなことを考える人達が多くなれば相場はそれらの投資家たちの考えによって動くことになります。

チャート自体がその時に投資をしている人たちの心理を表したものと、チャートを見てその後の値動きを予測する投資家がいることを考えるとチャートは将来の値動きに影響を与えないと言っても思惑が発生することによって、将来の値動きを思い描くことができるためチャートから投資家心理を読み取ることはまんざらおかしい話でもないのです。