株式は27日前後に注目!FXによる投資で便利ツール

株式投資を始めたなら、毎月27日前後を注視するようにします。
特に3月末、9月末日には要注意です。

なぜかといえば、この日に権利付き最終日が訪れることが多くなっているからです。
権利確定日に株を持っていると、その銘柄の会社が定める配当金をもらえるようになります。
株主優待を受け取る権利も、この日が該当します。
他には株式分割や、株主総会への参加権利が発生します。

日本国内の株式会社の多くが、3月末日と9月末日に権利確定日を設けています。
この日に合わせて株を保有するには、権利確定日から数えて3営業日前までに購入しなければなりません。
この購入期限のことを、権利付き最終日と呼ばれています。

3月末と9月末は共に30日ですので、3営業日前を見ると、27日になることが多くなっています。
しかし、間に土日など、市場が休みの日を挟めば、28日にずれ込むこともありますので、気を付けなければなりません。

権利付き最終日に株を保有すれば、権利が得られます。
権利付き最終日の翌日は権利落ち日と呼ばれており、ここで株を売却しても、権利が消滅することはありません。

これを狙って投資を楽しむ方法もありますが、権利付き最終日の直前は株価が上昇する傾向があることを、忘れないようにしておきたいところです。

投資は株式だけでなく、為替でも行うことができます。
為替での投資方法として人気なのが、FXです。
少ない資金で大きく儲けられる手段ですが、そのためには担保となる証拠金を預ける必要があります。
リスクの高い投資方法ですが、FXには便利なツールが多数存在しており、そのツールを使えばリスクを抑えた投資ができるようになります。

自動取引を利用すれば、寝ている間も取引が可能です。